レオ妻のつぶやき&レオのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS あれから、ちょうど一年・・・つづき

<<   作成日時 : 2015/08/20 15:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

亡くなった日、
すぐに、訪問診療の先生に電話をしてきていただき、診断書を書いていただきました。

姪や甥は次々に部活から帰宅して、夫も夏休みをとって家にいたので、
家族みんなで、父のことを綺麗に拭いて着替えさせました。

看護師さんに教えていただきながら、ベッドに寝かせたまま、髪をシャンプーしてあげたり、
タオルで足や手を洗ってふいたり、甥っ子が丁寧にひげをそってあげたり・・・
甥っ子が慣れない手つきで頑張りました。
みんなでできて、とっても良かったです。

服はいつも散歩していたようなシャツとズボンを着せました。

本当に、気持ちの優しい看護師さんでした。
8月5日以降、毎日、朝9時になると、電話をくれて、父の様子を聞いてくれました。
そのたびに、色々と私が質問したり、父の状況を話したり。
毎日不安でいっぱいだったので、とても助かりました。
定期的に、先生とまたは一人で、訪問診療に来てくださり、「何かしよう、何かしよう」としてくれました。

お口のおそうじや、髪をあらったり、体をふいたりもします・・・
と、言ってくれて、お口のおそうじを始めたところ、
父が手で制するようにしたため、ほとんどできずに帰られましたが
嫌な顔ひとつせず、「お父さんは、体に触れられたくないのね〜」と優しく言っていました。

先生も、父が「また来たのか」みたいな態度をとったり、
「もう、いい」みたいに手で制しても、本当に優しくしてくださいました。

19日間、何度か訪問診療の先生と看護師さんにお世話になりましたが、
その先生と看護師さんにお願いして、本当に良かったと思っています。
何よりも父の気持ちを優先してくださいましたので・・・


お世話になった診療所の皆様に、感謝の気持ちでいっぱいです。



〜〜〜〜


通夜、告別式は、私たちと親戚数人と、ご近所の方数人で、
静かに見送りました。

亡くなったことは、会社関係や友人たちに知らせませんでした。


いわゆる家族葬、わたしたちにはとてもよかったと思っています。

父も、喜んでいてくれるでしょう。
ゆっくりとお別れすることができました・・・



画像




父が亡くなってから、私は父の夢を何度もみました。

母は、何度か父の声で目が覚めたと言います。

最近は、まったく夢に出てきてくれません・・・母も同じです。


父はむこうで、元気でいてくれるでしょうか・・・

大好きだったお酒を飲んでいるかな・・・


おとうさん、
お母さんと一緒にいたいと思うだろうけど、もう少し一人で待っていてね・・・



長文、読んでいただいた方、ありがとうございました。


次回からは、また、ウォーキングや旅行の記事を再開します。
よろしくお願いいたします。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
あれから、ちょうど一年・・・つづき レオ妻のつぶやき&レオのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる